自転車まとめ チャリ足

最新コメント
メッセージをどうぞ!
逆アクセスランキング(PC)
...

2018年09月28日 22:00

01ab36110aa64688d372da853365f08a_600


1 : 名無しの自転車乗りさん
食べてる?

2 : 名無しの自転車乗りさん
塩味でうまい

3 : 名無しの自転車乗りさん
なめてる

4 : 名無しの自転車乗りさん
手鼻だな
時には失敗して肩がカピカピになるけどw

8 : 名無しの自転車乗りさん
最初からティッシュ詰めとけよ

9 : 名無しの自転車乗りさん
袖で拭う

11 : 名無しの自転車乗りさん
後方に誰もいない事を確認して手鼻で威勢良く飛ばすが、風向きによってはスプロケやチェーンに
ヒットする事がままある。

12 : 名無しの自転車乗りさん
手鼻って巧く出来ない。
休憩の時に鼻かむ。

14 : 名無しの自転車乗りさん
やっぱみんな鼻水に苦労してるんだ
安心したわ

16 : 名無しの自転車乗りさん
リストバンドにねたぐっています。

19 : 名無しの自転車乗りさん
そこらへんに生えてる適当な大きさの草を千切って鼻をかむ

30 : 名無しの自転車乗りさん
サドルのレールに何枚かティッシュを挟んでおいて、かみ終わったらうざい車に投げつける

32 : 名無しの自転車乗りさん
>>30
それなら俺もよくやるお
ツーリング中にクラクションに鳴らしたアホに投げてるよ

39 : 名無しの自転車乗りさん
>>32今日早速やってみた( ・∀・)
今回はトイペでやったから水に融けてなくなるからバッチリ
アホシグナスザマミロ( ´艸`)

40 : 名無しの自転車乗りさん
>>39
なんだろう・・・・・
DQNっていうかもう池沼レベル?

33 : 名無しの自転車乗りさん
誰がティッシュ拾うんだよ
しね

34 : 名無しの自転車乗りさん
鼻で吸って口で吐く呼吸をしてればそんなに垂れてこないだろ

36 : 名無しの自転車乗りさん
走行中のてばなってなんか恥ずかしいわ
本人はスマートなつもりかもしれんけど

37 : 名無しの自転車乗りさん
のみこめ

38 : 名無しの自転車乗りさん
飲み込もうとしても飲み下せないんだよな
喉に絡んだらタンとして吐き出す

48 : 名無しの自転車乗りさん
昨年から手鼻してる。
何回か練習すれば意外とカンタン。

コツは空気鉄砲をイメージするとイイかも。

スッポーンと排出されると、ティシュでかむよりサッパリする。

49 : 名無しの自転車乗りさん
それが糞車にかかれば完璧ですね

50 : 名無しの自転車乗りさん
何このスレ・・・ えんがちょ

51 : 名無しの自転車乗りさん
よくCRの路上に白く濁った液体みたいの点在してんけど、あれって手鼻の鼻水かな?


除け切れなくて踏んでる時がある。

52 : 名無しの自転車乗りさん
鼻水ならいい
俺は膝の水がたまるから・・

54 : 名無しの自転車乗りさん
トップチュープかヘッドの手前に小さなバッグでも取り付けてティッシュ入れとけば、
ジジイが路上にゴッヘェー、ペェーと痰を吐き出すがごとく、
あるいはブタのごとく糞をブリブリと垂れ流して歩くような小汚いマネをすることは防げるわな。

55 : 名無しの自転車乗りさん
最後の2行、わかる気がする

64 : 名無しの自転車乗りさん
ハンドタオルでかんでるよ!

65 : 名無しの自転車乗りさん
良い事を教えてやる。

鼻水が出るのは呼吸法がおかしいから。

3回鼻で息を吸って1回口から吐いてみ。
鼻水でなくなるよ。

試したら俺を師匠と呼ぶが良い。


Source: http://schiphol.5ch.net/test/read.cgi/bicycle/1237990619/

NEWモデル 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
シースター株式会社
売り上げランキング: 10

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しのチャリボーイ
    • 2018年09月29日 12:15
    • 鼻はメインの穴が切り替わる性質があるので、呼吸方法関係なく溜まる方は溜まったまま片側通行になるのが普通です。
      大人が鼻水を啜るのは傍から見てかなり気持ちの悪い幼稚な性癖なので素直にかみましょう。
    • 2. 名無しのチャリボーイ
    • 2018年09月29日 15:48
    • 1秒間に10回の呼吸ができるようにする。
      10分間息をすいつづけて10分間はきつづけるようにする。
      さすればカエルを殴るとメメタァという音を出せようになるぞ。
コメントを残す
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ページトップへ戻る