自転車まとめ チャリ足

最新コメント
メッセージをどうぞ!
逆アクセスランキング(PC)
   

2019年01月29日 16:00

122243237_o2


799 : 名無しのチャリダー
BORAとコスカボSL USTならどっちがお勧め?

801 : 名無しのチャリダー
>>799
使いかたによる

803 : 名無しのチャリダー
>>801
使い方は自走して山行ってヒルクライムかな
自走距離がそこそこあるのでヒルクラ特化よりも万能型が欲しいかな

805 : 名無しのチャリダー
>>803
ヒルクライムのタイム気にしないならコスカボSL UST
山までの往復が楽になるからヒルクライムも楽しめるし、行ける山も増える

800 : 名無しのチャリダー
お好きな方で

802 : 名無しのチャリダー
チューブレス運用ならコスカボUSTはビードが手で落とせないやら
GP5000TLが嵌まらないやらとロクな話聞かないのでやめておいた方が良さげ

804 : 名無しのチャリダー
BORAでいいんじゃない

806 : 名無しのチャリダー
ヒルクラは好きで楽しいけど往復が億劫
往復の道で脚を温存した方がタイムも出るんじゃないかなと思ってるけど試してないからわからない
BORAは35mmでコスカボは40mm
重さはマビックは重量詐欺あるからわからない
コスカボでもヒルクラいけるならコスカボでもいいかなって

813 : 名無しのチャリダー
>>806
マビック重量詐欺はカーボンホイールだとあんまりない
自分のコスカボSL USTはカタログ通りだった
ただ純正リムテープが3重巻で重かったんで巻き直した

814 : 名無しのチャリダー
>>813
アルチメイトはカタログ通りとは聞いたことあったけどコスカボもならコスカボもかなりいいね
ちなみにコスカボって回した感じら良く回る?

816 : 名無しのチャリダー
>>814
サイクルラックで逆回しすると供回りするくらいだけれど、下った後の平地に入ったところで足を止めて何処まで行けるかってやると
他のホイールに比べてもかなり惰性で進める
セロ発進からの廻りは普通、28km/h辺りからエアロ効果も感じ始め、40km/h過ぎでケイデンスを上げて加速したときも気持ち良く廻る

807 : 名無しのチャリダー
ボラ50友人から借りて走ったけど、バネがあるのか?楽しい!
でも横風ほんとにキツいな。
ディープリムの宿命か。

808 : 名無しのチャリダー
>>807
そんなにキツイか?横風。
バレット80で台風一過の堤防走った時はビビったけどw
フロントだけロープロファイルにすれば、結構楽になるんじゃないかな。

835 : 名無しのチャリダー
>>808
全然辛くない。
ボーラ50とイーストンのAERO55メインで使っているが、今のワイドリムのディープは横風に強い。

841 : 名無しのチャリダー
横風は慣れだな
シャローリムから乗り換えると最初少し流される感じがするが数日乗れば気にならなくなる
で、慣れると>>835の言うようにワイドリムなら風強い日や山の突発的な横風も問題無い

809 : 名無しのチャリダー
ヒルクラ好きならbora35に1票
コスカボustでも全然登れるけど、好きならそっちで

811 : 名無しのチャリダー
レース中級者の俺とか
カーボンディープよりカーボンローハイトを活きるような気がする
レーゼロカーボンとか使ったことないけど、
まぁ、俺みたいのが食い物にされるんだろうな

817 : 名無しのチャリダー
ゼロ発進が普通なら上りも対応できそうね

825 : 名無しのチャリダー
おまえら高いカーボン履いてなにと闘うんだ

839 : 名無しのチャリダー
30年もしたらこういうのがスタンダードになってんのかな

Source: http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/bicycle/1545960148/

妻のトリセツ (講談社+α新書)
黒川 伊保子
講談社
売り上げランキング: 8

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しのチャリダー
    • 2019年01月29日 23:00
    • 手組みしようぜ。
    • 0
    • 2. 名無しのチャリダー
    • 2019年01月30日 00:10
    • 両方持ってるけど巡航ならコスカボUSTかなぁ
      BORAも良いホイールなんだけど、チューブレスの乗り心地の良さと速度維持のしやすさは本当オススメ
      もちろん好みもあるので参考程度にでも
    • 0
コメントを残す
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

Powered by amaprop.net

ページトップへ戻る