YmZmpXpQ_0


ツール・ド・名無しさん

キャノンデールCAAD12はカーボンキラーなんて言われますがプロレースでCAAD12を使っているチームは無いですよね

カーボンと互角の性能があるならレースで使っても良いと思うんですが何故使われないのでしょうか?


ツール・ド・名無しさん
ただのキャッチコピーだよ。

『お、ねだん以上。ニトリ』と一緒w
実際は値段なりとか値段以下の粗悪品も多数ある。
高級な西川の羽毛布団とニトリの羽毛布団で寝て比べればよくわかるw

ハイエンドカーボンとCAAD12を乗り比べればわかるという事だろう。
でも優秀なキャッチコピーだよな。

ツール・ド・名無しさん
ワールドチームの
サプライヤーの契約料は
億単位でどんどん値上がりしてる。
そんな安いバイクを
宣伝するより、
いっちゃん良いやつを
エースとかに乗らして
宣伝したいてしょう。
元が取れないから。

ツール・ド・名無しさん
カーボンフレームの自転車使った方が手っ取り早いからだと思います。わざわざアルミフレームで戦う意味が解りません。

ツール・ド・名無しさん
チームオーナーになれる様な立場なら、「CAAD12を使え」という、指令も面白いと思います。

ツール・ド・名無しさん
今時プロがアルミフレームを使うメリットがありません。
”カーボンキラー”というのは貴方が思っている意味ではなく、「カーボンフレームに肉迫する性能を持っている」という商売上のキャッチコピーです。
実際にはそんなスペックは無く、カーボンフレームが出だした当時の比較性能でしかありません。

カーボンフレームを買うお金の無い人に、上記したキャッチコピーをつければ誘導購入させやすいでしょ。そういうことです。

ツール・ド・名無しさん
カーボン以下だからに決まってんだろが、何言ってんだオマエは

ツール・ド・名無しさん
>プロレースでCAAD12を使っているチームは無いですよね

話は単純、プロが使う機材としては、カーボンの方が優秀だからです。

一方CAAD12がカーボンキラーと言われるのは、アマチュアが使う機材としてカーボンと同等と言えるモノであると言うメーカーの宣伝文句です。

巨額のお金が動くレースの世界で、プロチームが雇うプロレーサーに、アマチュア用の安い機材を提供して勝てと命じも拒否されるのではありませんか。

ツール・ド・名無しさん
そもそも論になりますが、プロは20万程度のバイクには乗りません。
道具で負けたら、恥と思いますし。
カーボンキラーが嘘とは思いませんが、20万程度の性能の話かと。
同社の、エボハイモッドブラックあたりと比べたら、値段も違うが、重量等、次元が違いますよ。

ツール・ド・名無しさん
キャノンデールのホームページみれば答え書いてありますよ。


Source: Link