shimano-coupon-codes


1 : ツール・ド・名無しさん
今は亡きグレード名やそのコンポを語ろう
落ちたら需要がないってことで...

2 : ツール・ド・名無しさん
Deore LX
STX-RC
RX100

3 : ツール・ド・名無しさん
何が後継機になったとか ソイツならコレコレどういう理由で絶版になったとか 長所短所の話とか知ってたら、くやしく!

4 : ツール・ド・名無しさん

5 : ツール・ド・名無しさん
メトレアもいずれは……

6 : ツール・ド・名無しさん
シマノ500&シマノ400

3本クランクのシマノ600もあった。

昔の自転車店はバラ売り単品パーツが沢山あって楽しかったな。(70年代)

7 : ツール・ド・名無しさん
santeってなくなったの?
目薬みたいな名前だと思ってたけど。

8 : ツール・ド・名無しさん
>>7
一台限りで後が続かなかったな

9 : ツール・ド・名無しさん
メトレアも同じ道を行きそうと思ったら同じこと書かれてた

10 : ツール・ド・名無しさん
santéのコンポをひと通り揃えてるけど、細部に至るまでのこだわりは凄いね。
カタログでは伝わらない部分だったりするから、流行らなかったんだと思う。

13 : ツール・ド・名無しさん
メトレアは、ブルホーンバー用STIと48/32Tとフロントシングルがロード系コンポに組み込まれれば子孫を残したと言えると思う。

14 : ツール・ド・名無しさん
メトレア互換のブルホーンバー用STIと48/32Tとフロントシングルなら中華模造品があったと思う。

15 : ツール・ド・名無しさん
とりあえず88年のシマノカタログからサンテのページを。

https://files-uploader.xzy.pw/upload/20190507072804_41334e4b70.jpeg

https://files-uploader.xzy.pw/upload/20190507072805_6737626855.jpeg


他にも87年のカタログや、ショップ向けのサンテの資料なんかも持ってるので、ニーズがあればアップします。

18 : ツール・ド・名無しさん
>>15
87年のカタログと言いましたが、89年カタログの間違いでした。

サンテがシマノのカタログに載っているのは、88年と89年だけですね。

16 : ツール・ド・名無しさん
いいですね。ぜひ見て見たいです。

インスタグラムでやったり、
https://www.instagram.com/explore/tags/ニューサイクリング/
ここのページに送ってみてもいいかも。
http://cyclotourist.web.fc2.com/catarogue/index.html

17 : ツール・ド・名無しさん

18 : ツール・ド・名無しさん
>>17
88年カタログの間違いでした。

19 : ツール・ド・名無しさん
アダマス

20 : ツール・ド・名無しさん
アダモステ

21 : ツール・ド・名無しさん
メトレアの低ギア比は、新型コンポGPXに受け継がれた
https://www.cyclowired.jp/news/node/293906

24 : ツール・ド・名無しさん
>>21
GPXはマエダやろ

22 : ツール・ド・名無しさん
サンダーバード

23 : ツール・ド・名無しさん
唯一無二の空気圧変速、エアラインズを復活させようぜ
クランク連動のコンプレッサーで空気供給して無限に作動!

25 : ツール・ド・名無しさん
デュラ10

26 : ツール・ド・名無しさん
RX100はティアグラに移行なのかな

27 : ツール・ド・名無しさん
RX100は105の一つ下位だから、TIAGRA相当かな。
その下にEXAGEがあったね。こっちはSORA相当かな?

28 : ツール・ド・名無しさん
最下位コンポでZとかいうのがあった

31 : ツール・ド・名無しさん
>>28
105も最初はZ105

29 : ツール・ド・名無しさん
RX100はポリッシュ加工のデザインが良かったけど、クリアー塗装が弱かったね。
そんなRX100と同時期の1055の良いところを合体。

https://files-uploader.xzy.pw/upload/20190509063826_55694e4969.jpeg


30 : ツール・ド・名無しさん
●1957年
3スピードハブ
●1965年
ハイマチック(ロータリー式2スピードハブ)
●1967年
アーチェリー、ラーク、スカイラーク(サーボパンタ)、スーパー5
コンビ12(内装3×外装4の12段)
●1968年
オートマチック5(外装5段自動変速)
●1969年
ファルコン(半自動外装2段)
オートマチック2(内装2段変速)
パークシフター(パーキングブレーキ)
●1972年
デュラエース
●1974年
ポジトロン(世界初のインデックスシフト)
●1975年
600
FFシステム(フロントフリー)
●1976年
デュラエース10
●1977年
UG(ユニグライド)システム
●1978年
デュラエースEX

32 : ツール・ド・名無しさん
シマノの古ディレーラー
スカイラークとかラークとかクレーンとかイーグルとか鳥の名前シリーズの中で
アーチェリーってなんだよ
なんでアーチェリーなの

36 : ツール・ド・名無しさん
>>32
このシマノのアーチェリーと言うのはまったくひどい変速器で、すぐに動かなくなったものです。
かなり安普請のパラレログラムで、メッキも悪いのと、カシメなどのその構造上、すぐに固まってまったく動かなくなって困ったものです。
そのころ、けっこう安心して使える変速器というと三光舎の変速器とかDNBとかのもの、あとはサンツアーでした。
この国産の3社からするとそうとうシマノは劣っていました。 
ですので、当時の本格スポーツ車でシマノのディレイラーをつけている車輌を私は見た記憶がありません。 
「ウソだ!」というお疑いのシマノファンはご自身で、当時のシマノ・アーチェリーとサンツアー・スキッターや
三光舎のPFを、5段フリーの自転車に付けて使い較べてみるとよいかと思います。
当時は、アーチェリーを付けた婦人車などで、変速できなくなって打ち捨てられているものをよくみかけました。

34 : ツール・ド・名無しさん
STX

35 : ツール・ド・名無しさん
ALTUSはLTとSTの二本立ての時期があった

37 : ツール・ド・名無しさん
残ったのはシマノだけだなw

Source: http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/bicycle/1556446614/